校長から

校長自ら発信します。

三者面談が始まります

本日より 生徒保護者担任による三者面談がスタートします。 日頃の学校生活、 中間考査の成績等、 進級卒業 そして進路実現 に向けて有意義な意見交換ができるといいですね!

朝の校内清掃

剣道部員が 毎週火曜日と木曜日の朝に校内を清掃してくれます。剣道の鍛錬のみならず、清掃を通して心をみがく素晴らしい取組みです!

開校記念日

6月1日は、本校の開校記念日です。 1983年4月1日に、鳩山高校は開校しました。 開校した日と開校記念日は異なりますか、鳩山高校の記念すべき日には間違いありません。たくさんの卒業生が それぞれの立場で地域に貢献しています。地元鳩山町役場、企業等その幅は広いです。在校生の皆さんも、先輩に続き進路実現に向け努力を続けてください。

遠足が行われました。

本日は、3学年は東京ディズニィランド、2学年は羽田空港、そして1学年は蔵造りのまち(川越市内)にて遠足が実施されました。各学年で十分な事前指導が行われ、生徒一人一人が、目的や目標の達成に向け活動をしました。この遠足を通してクラスや友人との親睦を深め、そして自分の力を伸ばすことを期待します。             

薬物乱用防止教室を開催しました。

 本日、本校学校薬剤師の杉山先生を講師として薬物乱用防止教室を開催しました。
今回は、薬剤師からの目線での講演として、薬物とは何か?
◎すべての薬物が人体に悪影響をあたえるのではなく、薬物の効能を十分に知る事が大切であること。
◎麻薬と呼ばれるいわゆる法律で使用が禁止されている薬物は一度使用するとその使用を止めることは非常に厳しい状況になること。
◎麻薬が人間の心身を破壊すること。
◎1回でも使用すれば薬物乱用になる。
これらを、事例を示しながら教えていただきました。
また、使用のきっかけは、友人や親しい人からの誘いが大きな割合を占めているとのことで、「人間関係が壊れても誘われたときはきっぱりと断ることが大切である。」
ことを学びました。自分も家族も周囲の人も不幸にしないように薬物乱用の防止を心に刻むものでした。

放課後の教室で

 中間考査まであと2日になりました。放課後の教室を見て回ると生徒が机に向かい中間考査対策の勉強に熱心に取り組んでる姿を見ます。ある女子生徒に私が「中間テスト頑張っているね。」と言葉をかけると、「少しでも得点を上げて進路につなげたいです!」と返してくれました。更に、「つきたい職業は決まっているの?」「はい、栄養士になり健康に役立つ人になりたいので、大学に進学したいです。」「それは、しっかりとした目標があっていいですね。」そして、「その実現に大切なことは何か分かりますか?」と問いかければ、「勉強も何事も続けることですか。」私は、「その通り!」と言葉を交わしました。その生徒の姿に頼もしさを強く感じました。まさに「継続は力なり。」ですね。鳩高生、飛躍永久に!

平成31年度のスタート

 本日、平成31年度第1学期始業式及び入学式が行われました。
 始業式では、進級した2,3学年の生徒は日々の授業を大切にし進級、卒業そして進路実現に向け取り組む決意の表れを見ることができました。また、入学式では鳩山町長様他御来賓・保護者の皆様方御臨席のもと、147名の新入生は大きな期待に胸膨らませ厳粛に式に臨みました。

修学旅行について

 626日(火)から29日(金)まで34日の日程で2学年の修学旅行が行われました。旅行期間中は天候にも恵まれ、初日はクラス別鹿児島市内見学後、南九州市にある知覧特攻平和会館での平和学習を行い、2日目は屋久島での屋久杉自然館見学や白谷雲水峡でのトレッキングを体験しました。3日目は種子島宇宙センター職員の方による同センター内の施設・設備見学や取組みについて説明を受けその後、種子島にて民泊体験をしました。生徒たちは平和の尊さ、世界遺産に登録された屋久島、宇宙開発の最先端施設の訪問と事前学習の効果と合わせ貴重な体験ができました。そして入村式は多少緊張気味でしたが翌日の離村式の時は別れが名残り惜しくなる有意義な体験をした民泊体験と、どの場面においても修学旅行の目的を十分に成し遂げることができたと手ごたえを感じました。

自転車競技部インターハイ出場おめでとう!

自転車競技部が6月8日~10日まで山梨県境川市で開催された関東大会(スプリント)で見事,2年生加藤君が静岡県伊豆市で開催されるインターハイ(2018 彩る感動 東海総体)出場の切符を手にしました。

自転車競技部がインターハイ出場は10年ぶりということで是非、日頃の練習の成果を十二分に出して頑張ってください!