日誌

だれでもチャレンジステージ


こんにちは!
2019年6月16日(日)に鳩山町文化会館ホールで行われた、
「だれでもチャレンジステージ」に参加させてもらいました!
ダンスや民謡に合唱など、いろいろなジャンルがギュギュっと集まっていて、出演する人も観に来た人もみんなが楽しめるイベントです!
部員一同も、うっとりしたりワクワクしたり感動したり、他の出演者の演目を楽しませていただきました~。ふふ

鳩高吹奏楽部は、「365日の紙飛行機」「花は咲く」「明日があるさ」を演奏しました。

演奏直前、舞台袖でサックス担当の部長は「ふぅ~~~~~~~~~~~~~。」と
胸に手を当てながら何度も深呼吸・・。かなり緊張気味・・。
しかし始まってみると、司会とサックスパートを堂々とこなしてくれました!
3曲まるまる吹きっぱなしで、息を保つのが本当に辛いのです・・。よく頑張った!!

ドラム担当の副部長も、「花は咲く」と「明日があるさ」の曲調が全く違い、どちらも表情をつけるにあたって、鳴らし方が本当に難しいのです・・。しかし、本番も練習と変わらず、落ち着いて演奏してくれました!素晴らしい!!


お客様からは、演奏後にとても温かい拍手をいただきました。
しかしそれだけではなく「明日があるさ」を演奏中、手拍子までいただきました!
ありがとうございます!!!!!!!


今回のイベント参加を通して改めて音楽をすることの楽しさを感じ、そして

イベントを主催してくださった上に連絡をまめにしてくださった実行委員会の戸坂様、
「ドラムを学校から持ってくるのは大変だから」とドラムを快く貸してくださった鳩山中学校吹奏楽部の皆様、
つたない演奏であるにもかかわらず、温かい目で見守ってくださった観客の皆様、

たくさんの方の温かいお心遣いに感謝の気持ちでいっぱいです。

それから、「鳩山高校吹奏楽部の演奏、良かったよ。」と、わざわざ学校に連絡をしてくださった方がいると聞きました。こんなに嬉しいことはありません。
本当にありがたいかぎりです。

部員一同、心よりお礼申し上げます。
より一層精進していきたいと思います。



さて、次は文化祭!!!また新しい曲の練習に取り掛かります!
1年生のチューバを担当している男子部員を合わせて、3人で立つ初舞台!!

頑張るぞ~~~~~~~~!!!