校長から

生徒の皆さんへ(校長からのメッセージ)

生徒の皆さんへ 

 生徒の皆さん、元気に過ごしていますか。ずっと自宅で過ごすことは、精神的に辛く、だいぶストレスが溜まってきているのではないかと思います。併せて体力の低下や学習の遅れに対する不安など、心配なことが増えてきているところだと思います。

 皆さんの健康・安全を考え、臨時休業が5月31日まで延長することとなりました。改めて、新型コロナウイルスへの感染リスクを意識して、手洗い・うがい・咳エチケットはもちろん、不要不急の外出を避け、自宅で過ごすなど、自分や家族を守るという意識をしっかりと持ち、休み中もくれぐれも慎重な行動をお願いします。

 さて、2・3年生の皆さんは、私が4月8日に話したことを覚えていますか。1年生の皆さんにもこの機会に紹介したいと思います。元宇宙飛行士スコット・ケリー氏は最も行動が制限される国際宇宙ステーションで1年間過ごしました。彼は、外出が制限される今の状況は、宇宙で暮らすのと同じで心構えが極めて重要だと語っています。必要な心構えは「とにかく日課を決めること。決まった時間に起き、決まった時間に眠ることだ」つまり「毎日やることを決め、それをしっかり守ること」と言っています。

 生徒の皆さん、これまで、ただ目的なくテレビを見たり、むだな時間を過ごしたりしてはいませんでしたか。

 ここで、今までを振り返り、自分を見つめ、毎日やることを決めてみてください。そして、決めたことをしっかり実行してください。また、起床・就寝・食事・学習・適度な運動などの時間を決め規則正しい生活を送ることは、新型コロナウイルスに対する免疫力アップに繋がるとも言われています。一日一日を大切にしてください。

 更に、この状況をチャンスと考え、皆さん自身の意識を切り替え、学校からの指示を待つだけでなく、自分自身で何ができるか、どう行動したら良いかなどを自分で考えて、目の前にある課題を解決してください。この「意識を変える」ということが、皆さんの今後の学習や学校生活に大きなプラスになっていきます。ピンチをチャンスに切り替えられるように、皆さん一人一人が努力してみてください。

 当分の間、不自由な生活となりますが、かならず通常の生活ができる時は来ます。それまで、しばらくのあいだ我慢しましょう。生徒の皆さん一人一人の健康を切に願っています。

 教職員一同、元気な姿で再会できる日を心よりお待ちしています。

 

令和2年 4月30日

埼玉県立鳩山高等学校

校 長 中 村  司