校長から

規則正しい生活を送り健康に過ごしていますか(校長からのメッセージ)

 生徒の皆さん、規則正しい生活を送り健康に過ごしていますか。

 今、皆さんの置かれている環境は、決まった時間割がなく、自分で生活スケジュールを決めなければならい極めて難しい状況が続いています。

 4月30日に、元宇宙飛行士のスッコト・ケリー氏の言葉をあげ、臨時休業中は、日課を決め、規則正しい日々を過ごすことが大切だと話しました。今回は規則正しい生活を送り学習習慣を身に付けるための具体的なアドバイスをします。

 まずは、毎日の起床・就寝・食事・学習・運動などの時間を決め、それを書いたノートを作ってください。つまり、何をするのかを自らの筆で決意表明します。そして、実行できたものは、線で消すなど記録を残してください。記録は毎日振り返り実行できたものについては自分を褒め、できなかったものは、改めて計画してください。また、自由時間には、無駄にスマホやテレビを見続けることはやめ、軽い運動や散歩などをしてください。運動不足やストレス解消に繋がります。

 これらを生活に採り入れ続ければ、脳が「この生活をいつも通り」と認識し規則正しい生活習慣が身に付くと同時に学習習慣も身に付きます。毎日10分の学習時間が習慣化すれば60分、更にはそれ以上に引き上げることは、さほど難しくありません。問題は0分を10分に引き上げることが大変なのです。生活のリズムを作り上げることは、毎日を健康に過ごすためにも非常に重要です。ぜひ、日課を記録し毎日の振り返りを実行してみてください。

 今後、各学年の先生方から、皆さんの自宅に、次の課題や学年通信・学級通信等が届きます。学年通信や学級通信には、皆さんのモチベーション上げるために先生方が工夫したアドバイスが書かれています。これらをよく読み、自分のスケジュールを決め、次の課題を計画的に進めるとともに毎日の健康チェックをしてください。

 最後に、日々のニュース、学校のホームページや鳩高お知らせメールの内容のチェックをこまめにしてください。正しい情報を正しく理解し、適切に行動することが今は大切です。

 前回もお話しましたが臨時休業の趣旨を踏まえた行動をお願いします。皆さんの元気な笑顔と会えることを楽しみにしています。

 

                                 令和2年 5月12日

                       埼玉県立鳩山高等学校

                                校 長 中 村  司