日誌

【演劇部】中央発表会推薦校に選ばれました!

こんにちは!鳩高演劇部です。

気付けば前回の投稿から5年の月日が経っていたのですね…。

HPの更新が滞っていたので「え!存在していたの!?」と驚かれた方もいるのではないでしょうか。

一時は廃部も危ぶまれましたが、現在部員7名(2年生 3名/1年生 4名)で、元気に活動しています。

 

さて、遡ること9月27日(日)、東松山市の松山市民活動センターで行われた埼玉県高等学校演劇祭 比企地区発表会に参加し、本校は 越智優 作 『夏芙蓉』を上演致しました。

休校が続いた為に練習量が限られ、感染症対策による制約で思うように稽古が出来ない状況ではありましたが、みんなで工夫を凝らしながら、一生懸命この作品と向き合ってきました。

本番では今までの練習の成果を発揮し、鳩高演劇部らしい臨場感のある舞台を作り上げられました。

 

その結果、なんと・・・

比企地区で1位、Aブロック(熊谷地区、大宮地区、比企地区)で2位 という結果を残し、

この度 埼玉県高等学校演劇祭 中央発表会(県大会)への推薦をいただくことになりました!!!

 

これも今日まで演劇部を温かく見守り、応援してくださった皆様の支えがあってこその結果であると受け止めております。保護者の方々、各先生方、比企地区演劇部員のみなさん、本当にありがとうございます!!

中央発表会は11月14日(土)・15日(日)。本番まで残すところあと1カ月となります…。

残念ながら今年は新型コロナウィルス感染症の影響で事前登録制・関係者のみの公演となっており、一般の方々への御披露目は出来ないのですが、日頃の感謝と本作品への敬意を込めて、全力で演じます。

部員一同、今まで以上に精進したいと思いますので、これからも応援していただけると幸いです。今後とも鳩高演劇部を何卒よろしくお願い致します。