校長から

2016年8月の記事一覧

生徒の可能性を信じること -みんな変われます-

 8月21日(日)、中学生やその保護者の皆様を対象とする体験入学がありました。体験入学に先立ち、本校の生徒を代表して3年生の生徒が鳩山高校の説明をしてくれました。鳩山高校をさらによくするための活動をやってみようと思って生徒会でがんばったことなどの経験をもとに次のような話をしてくれました。

 「私は、これらのことを通して、自分は変われたなと思っています。中学の時は、友達も少なく、一人でいることが多かったのですが、高校に入り、先輩や後輩、同級生、また地域の人や学校に関係する大人の人たちと話すようになり、性格も明るくなりました。私は誰でも、変われたり、活躍することができると思います。人それぞれで活躍できる場所はいろいろあります。部活動で大会に出場しよい結果を残したり、生徒会活動や委員会活動で学校のために尽くしたり、地域の活動に参加したり、いろいろあると思います。高校生活の中で自分が活躍できる場所を探し、見つけたらそれに全力で取り組んでください。みんな変われます。」

 中学生に向けたこの言葉は、教師としての私の胸に深くささりました。「先生、私たちの可能性を信じ、私たちが変われる機会をください。」そう聞こえました。

 人は、変われるのです。人は、成長するのです。今、目の前にいる生徒たちの中には、確かにまだまだいたらない面のある生徒もいるかもしれません。でも、その生徒たちも成長の過程にあるのです。生徒たちの将来の可能性を本気で信じる時、自然とその生徒に何をしてあげられるのか見えてくるように思いました。

 

うれしいお知らせ

先日、地元の鳩山町教育委員会からうれしいお知らせをいただきました。近隣のニュータウンにお住いの方が「鳩山高校の生徒がゴミ拾いを日常的に行っており、本当に立派である」という内容のお話を鳩山町教育委員会でしてくださったそうなのです。鳩山町教育委員会から「生徒の皆様に、その活動が高く評価されている旨をお伝えいただければありがたく思います。」とのお知らせをいただいたのです。

 本校では、いろいろな部活動の生徒が自主的に早朝の通学路清掃を行っています。以前、ある部が始めたこの活動を見て、他の部活動も自分たちも何かできないかと少しずつですが善意の輪が広がっていきました。そうした生徒たちの気持ちを地域の方々にこうして受け止めていただけたことが何よりです。本当にありがたいことだと思います。本校の生徒がこうして地域の方に見守っていただけることに本当に感謝申し上げます。鳩山高校は、今後とも地域の学校としてがんばっていこうと思います。