日誌

2017年6月の記事一覧

【バスケ部】大会結果報告


早いもので新年度ももう3ヶ月が経とうとしております。私たち鳩山高校も新一年生を迎え、30人を越える人数で日々練習に取り組んでいます。今回は4、5月に行われた関東大会予選、6月に行われたインターハイ予選の結果をご報告します。

関東大会予選
《男子》 1回戦 VS熊谷農業 (118-38) 
      2回戦 VS深谷第一 (40-96)  
《女子》 1回戦 VS進修館 (31-121) 

インターハイ予選
《男子》 1回戦 VS秩父農工 (75-83)
《女子》 1回戦 VS鴻巣女子 (42-89)

《男子》
 苦しい2大会となってしまいました。共に課題は「心の弱さ」です。スポーツの世界ではよく「心技体」という言葉が使われますが、なぜ3つの語の中で心が一番最初に来ているのか・・・それは心が全てを司っていて心が整ってなければ技も体も力を発揮できないからだと私は考えています。
 まさにその通りの試合内容でした。私たちのチームはけして手を抜きません。常に全力です。ただ、所々で相手に対して腰が引けてしまう、自信がないからやりきれない、逃げのプレイをしてしまう、最後の1歩が出せない、といった弱さが出てしまいそれが積み重なってこの様な結果になってしまいました。
 「心」というのは成長が形となって目に見えるものではありません。それだけに難しい。しかし、この結果と正面から向き合い、敗けた原因を追求していくことが明日を作ると信じ、走り続けます。悔し涙をうれし涙に!
《女子》
 大会直前にけが人も出てしまい6人での大会となってしまいました。新1年生もほぼフル出場と肉体的にも精神的にも苦しい2大会でしたが、試合の中でも成長しているのを実感できました。この経験を必ずや次に繋げます。

男女共に期待のルーキー(新1年)が多数ユニフォームに袖を通し、コートで躍動してくれました。間違いなくルーキー達が我がチームに勢いをもたらしてくれています。頼もしいルーキーです。