日誌

2015年4月の記事一覧

稽古が続いています



29日の「春之御披露目之会 -比企地区春季高等学校演劇祭ー」に向けて、今週は一本通しを中心に稽古が続いています。通し-反省-場面練-もう一度通しと毎日2回通し稽古が入るので大変です。が、少しでも楽しんでいただけるものになるよう、役者、裏方一同がんばっています!

立ち稽古



1年生への部活動紹介から1週間が経ちました。今日の練習は本番で使う衣装や小道具をある程度用意しての立ち稽古です。画面の外側では演劇部に入部してくれた新入部員たちが3年生の演技を見ています。緞帳の向こう側では運動部が大きな声を出して練習しています。体育館に活気が満ちています。

1年生に部活動紹介



4時間目に新一年生に向けて部活動紹介をしました。演劇部は他の文化部と一緒に4時間目に紹介をしました。一度おろしてもらった緞帳を上げるところからスタートです。声出しや発声練習を紹介し、劇の一部も演じました。役者だけではなく、音響や照明の紹介などもしました。写真は、裏方には音響係がいますと紹介をした瞬間です。放送室にスポットライトが当たり、音響係がおもむろにカーテンを開けて手を振っています。沢山の一年生が入部してくれますように!!

春季大会に向けた道具作り



新学期を迎え、春季大会の準備を進めています。舞台で使うパネルのペンキ塗りと、大道具の机作りに分かれて作業をしています。机は頑丈にするために構造に頭を悩ませながらの作業です。パネルは、写真ではそれほどには見えませんが、幅一間(約180cm)、高さ一間半(約270cm)の大きさです。